• 秋月 偲希

【がたがた】

振り向くのが怖かった

そこなし沼にひきづりこまれそうで

今立っているところがひび割れそうで


背後からの視線に

一歩だすのもすくみ上る


遠くをみて進んでみた

そしたら、どうだろう


今まで灰色で重かったもの

すべてが今に繋がってることに気づき

過去がほんの少し綺麗にみえた