• 秋月 偲希

【涙のあとに】

泣くことをおそれて

こころに蓋をした


泣き顔なんて恥ずかしい

表情いっぱいつくりこみ

感情そっと閉じ込めた


全身に悲しみが巡り

ひとりになった一瞬に

ボロボロと涙が溢れだす


泣くことは

悲しみから解き放つ