• 秋月 偲希

【風に乗りこんで】

張り裂けそうなくらい本気で生きたい


木にひっかかるビニール袋 流されまいと必死になる


このまま飛んでいったほうが楽だろう このまま流されたほうが楽なんだろう


考えて考えて 今まだここにいる 結局いつもの場所に戻ってしまうんだ

逃げ出したい、この小さな世界から 飛び立ちたい、この世界を突き抜けて


風に心地よく 乗っかることもあったけど 憂いと焦燥感がついてきて 何だかいつも満たされなくて


理想の自分と今の自分を比べては 遠くで見てるアイツに腹が立つ


下げることできない理想は 世界とどうしても生きてみたいから


心燃やし飛び立とう 風を使い分け、自分の好きな場所へ