• 秋月 偲希

【風をくらう】

とにかく逃げた

こわくて逃げた


そうすると

なんだかとっても苦しくなった


逃げるのも大変なんだ


どうせ同じ苦しいなら

向き合った苦しみのほうがいいな

そう思って

立ち止まってみた