• 秋月 偲希

【人格入替所】

あら、こんにちは。


人格入替所にようこそ。


あなたの人格を希望の人格に入れ替えますわ。


ここに何通りかの人格がございます。


ご自由にお選びください。


そうです、この色とりどりの瓶のなかからです。


え、5通りしかないの?ですって。


そうなんです、今は少ないかもしれません。


もし、お気に入りの人格がなければ時間は少々かかりますが、ご用意いたしますので。




この赤の瓶ですか?


これは、情熱的で周りも熱くするタイプのものです。


そうですね、色のイメージのまんまですねってよく言われますわ。


青ですか?それは、冷静で物事をじっくりみるタイプのものです。


緑は穏やかで平和主義、黄色は明るくてハツラツとしたもの。


オレンジは、少しクセがありまして、自分優先、とにかくゴーイングマイウェイなものでございます。


あら、この人格をお選びに?


また、どうして?


自分の意思が言えない、人の目線が気になる、とにかく合わせちゃう…


それはまた困った人格ですわね。


わかりました。では、ここの椅子にお掛けになって。


大丈夫ですよ、死んだりはしませんから。


この装置でいったん、あなたの人格を抜き取らせてもらいますね。


次、起きたときには、あなたの理想の人格になってますわよ。


・・・


よし。これで空っぽの人間となったわ。


さてと、オレンジの人格をいれましょうか。


あ、落としてしまったわ!


どうしようかしら、他に似たものはないし。


もう、もとに戻して彼に謝るしかないわね。


・・・


気分はどうかしら?


え、なんだか陽気な気分ですって?あら、そう…


なに!?急にゴーイングマイウェイなんて叫ばないでちょうだい、ビックリするじゃない。


あなた、ちょっと!どこいくの!?


え、新しい未来への出発…?


あ、行ってしまったわ。


はあ…。今までの実験はなんだったのかしら。


思い込みで人格が作れるなら、こんなことしなくてよかったのに。


人格が抜けた、この5人の肉の塊…


どうしましょう?