• 秋月 偲希

【親殺しのパラドックス】

情熱的で好奇心旺盛な青年がいた。


過去に行き、自分の親を殺すとどうなるのか知りたがった。


青年は、こうと決めたら突き進むタイプだ。


母親は必死にとめた。


けれども、青年は聞かなかった。


タイムマシンに乗り、過去へと向かったのだ。


青年は実行した。


自分の父親を殺したのだ。


鼓動が高鳴った。


自分は一体どうなってしまうのだろうと。


タイムマシンに乗り込み、現在に戻った。


しかし、なにも変化はなかった。


青年は落胆した。なにも起こらなかったことに。


母親はそれをみて、若かりし頃に出会った男を思い出していた。