• 秋月 偲希

【ハコ】

こころにぽっかりとすきまがあいた


いなくなったら すきまがあいた


まだ近くにいるはずなのに


なんとも言えない淋しさが


わたしのすきまをつくってる


どう、それを埋めましょう


悲しみ いっぱい吐きだして


そこを思い出箱にいたしましょう


ぽっかりあいたすきまが


思い出たくさんつまった


キレイな箱になりました