• 秋月 偲希

【毛玉】

もふもふ毛玉のぼく

部屋のなかをころころ転がる

新しい毛玉とひっついて

もっと まるまると大きくなる

はじめは小さな毛玉だったのに

もっと、もっと と大きくなる


いつしか、毛玉に目がついて

キミの顔をはじめたみたよ

いつしか、毛玉に耳がついて

キミの声をはじめてきいたよ


優しいキミの笑顔、

そして、ぼくを呼ぶ声

ぼくのココロが踊りだす


ぼくもキミに喜んでもらいたいのに

どうすればいいかわからない

こんなに想いがいっぱいあるのに

見つめているだけでは伝わらない


ぐるぐる、ぐるぐる

こんなにも苦しいなんて

ぐるぐる、ぐるぐる

こんなにも伝えたいなんて


すると、いつしか口がついて

やっとキミに伝えられる

今までの気持ちを心から