top of page

4月の絵本会

今月からはじまりました!


【大人 × 絵本の時間】


絵本ってどうしても

子ども向けって思われるんですが

大人にこそ読んでほしいと思い

大人向けの絵本を集めて

月に1度、絵本を楽しむ会を

開催しております*


4月のテーマは

「はじまり」


新しい年度、

新しい季節、

はじまりにあっている絵本を

あつめました!












◇ぼくを探しに

作:シルヴァスタイン

訳:倉橋由美子


◇もしかしたら

作:コピ・ヤマダ

絵:ガブリエラ・バロウチ

訳:前田まゆみ


◇ぼくといっしょに

作:シャルロット・デマトーン

訳:野坂悦子


◇じぶんだけの いろ

作:レオレオニ

訳:谷川俊太郎


◇てん

作:ピーター・レイノルズ

訳:谷川俊太郎


◇大事なことはみーんな猫に教わった

作:スージー・ベッカー

訳:谷川俊太郎


◇ぼくをさがして

作:秋月 偲希

絵:もりやま あきこ



自分の好みもあるので

訳に谷川俊太郎さん多めに

なってしまいました!


それと、「ぼくー」が

はいるタイトルが

7冊中3冊も


なにかをはじめるには

「自分を知る」が

大切なんじゃないかなと

無意識に選んでいました



大人だから

お酒を片手に

絵本を嗜む


参加してくださった方との

読み終わったあとのお話会は

絵本の感想や

自分の感覚のお話で

花を咲かせました*











みんなもちろんだけど

お気に入りの絵本は違うくて

そして、絵本の感想も違うくて

「ぼくを探しに」のとらえ方は

ばらばらでとても面白かったです(^^)


自分自身の新たな発見をした!


みんな違う読み取り方で

それをきけるのが楽しかった!


自分たちの人生と照らし合わせて

解釈する時間がとても楽しかった!


嬉しい感想もいただけて♡



絵本は自分を通して

読むことができるので

毎回ちがった感覚で読めます


わたしも久しぶりに

読んだ絵本たちでしたが

以前読んだときの感覚と

なんか違っていて

「わたしの何が変わったんだ!?」

と不思議でした


次はどんなテーマで

お届けしようかと

ワクワクしておりますっっ


ご参加お待ちしております🌙


Comments


bottom of page